Faq

過去のヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン活動報告

ヒルトン東京ベイのCSR活動へ戻る

2014年 活動報告

国内外の子どもたちをサポート

2014年度は、国内外の子どもたちをサポートする2つのプロジェクトに参加しました。 寄付金の一部は、ルーム・トゥ・リード・ジャパンの協力により、ネパール北東部の山間部に位置するバグマティ県、ダディン地区にある中等学校の新校舎建設に役立てられました。 4つの教室をもつ新しい校舎は、大きな窓から十分な自然光が差し込み、それぞれの教室は、45名の生徒が快適に過ごせる広さです。 また、非営利活動プロジェクト「プレイグラウンド・オブ・ホープ」の指揮のもと、福島県にある駒ヶ嶺小学校の子どもたちのために、巨大な遊具を寄付しました。 2015年9月には、総支配人はじめ総勢19人のチームメンバーが現地に赴き、3つの企業・団体、そして地元のボランティアのみなさんとともに、小学校のグラウンドに遊具を設置しました。

  • ネパールのダディン地区に建設された新校舎外観

  • 福島県駒ヶ嶺小学校のグラウンドで完成した遊具と共に

2012年 活動報告

ネパールの小学校に校舎一棟を建設

2012年度の寄付金は、特定非営利活動法人 ルーム・トゥ・リード・ジャパンの協力のもと、ネパールのバーディヤ郡に小学校の校舎一棟を建設するプロジェクトに役立てられました。バーディヤ郡はネパールの西に位置しており、貧困や不便な交通アクセスなどが原因で、識字率がネパール全体の平均より約20パーセントも低い状況にあります。図書室を含む新校舎は、風通しがよく日当たりも良好で、非常に快適な環境です。小学校の校長は、「この建設プロジェクトに、コミュニティの全体と学校はとても恩恵を受けています。私たちは授業を行うことのできる素晴らしいインフラが整ってとても嬉しく思います。」と語っています。寄付にご協力をいただいた皆さまの温かいご支援に、心から感謝申し上げます。

  • 新校舎で授業をする教師と子どもたち。

  • 2階建ての新校舎。

写真提供:ルーム・トゥ・リード・ジャパン

2011年 活動報告

津波被害を受けた15 校の小学校へ、体育用品を支援

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの協力のもと、「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」で集められた寄付金は、宮城県石巻市内の津波被災があった小学校15 校を対象に、ボール、跳び箱、綱引きロープなど体育用品の支援事業に役立てられました。この支援により、被害を受けた小学校は、子どもたちの成長に大切な体育の学習環境が改善され、震災前の水準の教育を受けられる学校環境に近づくことができました。皆様の温かいご支援に心から感謝申し上げます。

  • 住吉小学校に提供したロープを使って綱引きをする子どもたち。

  • 湊第二小学校の3 年生仲良し4 人組。提供したボールを手に、笑顔でポーズ。

写真提供:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

2010年 活動報告

フィリピンの小学校に校舎一棟を建設

フィリピンの北サマール州カタルマン町ドーニャ・ポルケリア村にあるヒンバン小学校では、在籍する約200人の子ども達が狭くて古い教室に密集して授業を受けるという劣悪な教育環境に置かれていました。2010年度「クリスマス・トレイン」の寄付により、公益財団法人プラン・ジャパンを通して新校舎の建設が実現。2011年2月3日に新校舎が完成し、子ども達には学用品も支給されました。安全で快適な教室の中で学べるようになった子ども達からは、喜びの手紙や絵が届きました。皆様の暖かいご支援に心から感謝申し上げます。

  • 「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」の寄付金によって建てられた新校舎

  • 新しい校舎を前に喜ぶフィリピンの小学校の子ども達。

写真提供:プラン・ジャパン

2009年 活動報告

エクアドルの小学校に新校舎完成!

エクアドルのカニャール県にある、エロイ・アルファロ小学校は、校舎の老朽化、教室の不足など、劣悪な学習環境により質の高い教育ができず、留年・中退率の高さや低い学習到達度に悩んでいました。2009年度「クリスマス・トレイン」の寄付により、財団法人 日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン)を通して、新校舎の建設が実現。2010年5月5日には、新しい校舎が完成し、子ども達からは、新校舎を描いた絵や、喜びのメッセージが届きました。皆様の暖かいご支援に心から感謝申し上げます。

  • 2010年5月13日に行われた落成式で校舎前の前に立つ生徒たち

  • 子ども達には、募金箱に集まった寄付金から文房具が贈られました

写真提供:プラン・ジャパン

2008年 活動報告

フィリピンの小学校の校舎改修工事完了

フィリピンのカビテ州にある、サンタ・マルセデス小学校は、台風の通り道にあるため、校舎の傷みが激しく、約400名の生徒たちは劣悪な環境での授業を強いられていました。

しかし、「ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン」からの寄付により、改修工事が実施され、屋根・壁・床の改修、トイレの設置、水周りの改善工事が行われ、子ども達の教育環境が整備されました。なお、本支援事業は、特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパンとの協力の下行われました。皆様の温かいご支援に心から感謝申し上げます。

  • 2009年6月26日に行われたオープニングセレモニーで校舎前に集まった生徒たち。

Page Top

sp